フォトフェイシャルの治療方法について

まずはカウンセリングを利用

あらかじめ、フォトフェイシャルとはどういった治療なのかを把握することで、施術を受けやすくなるといいます。事前に治療方法について知っておいたほうが、スムーズに治療を受けられるだけでなく、安心して治療に臨めるようになります。

フォトフェイシャルとは何かはネットなどで情報収集することができますが、不明点はカウンセリングの段階で話を聞けば、気になるところも知ることができます。気がかりなこと、警戒していることなどは、カウンセリングで確認しておくと安心できるでしょう。

どんなことを相談したいかを決めておくと、カウンセリングがスムーズです。化粧をしてフォトフェイシャルを受けに行くこと自体はかまいませんが、施術前にクレンジングを施して、メイクを洗い流してからにします。

フォトフェイシャルの光をお肌にあてるときには、ゴムで軽くはじかれたような衝撃があるといいます。フォトフェイシャルの光は、施設にもよりますが100回〜2000回の照射によって治療効果をあげます。

ほてった部分を冷やすために、冷たいタオルを皮膚に押しあてて冷まします。治療が終わった後に、ひどい痛みや腫れなどのトラブルが無ければ、1時間もしないうちに、メイクをして帰宅する事が可能です。

当日ちゅうにシャワーも可能ですし、普段どおりの行動ができます。治療を受けた後で、かさべたが皮膚に少しずつでてくるようになります。

つついたり、はがしたりせずに、かさぶたのままにしておくことで、だんだんと皮膚から取れていきます。人によって差はありますが、かさぶたがなくなるのはフォトフェイシャルの治療から7日程度です。

簡単にフォトフェイシャルの治療は受けることができますので、興味があるという人は、カウンセリングを利用するといいかもしれません。

 

サイトマップ