フォトフェイシャルの治療受けた後の注意点

フォトフェイシャル後は皮膚を無闇にいじらない

どんな点に気をつけて、フォトフェイシャルの治療を受けるといいものなのでしょうか。フォトフェイシャルの治療を受けた後は、出来るだけ紫外線を浴びないように注意する必要があります。

フォトフェイシャルをした直後は、皮膚がいつもより刺激を受けやすい状態になっていますので、紫外線が肌によくないことがあります。

フォトフェイシャルをすることでお肌をきれいにしたいのに、反対に肌にダメージを与えてしまうことになっては、治療を受けた分が意味がなくなってしまいます。

フォトフェイシャルの後は、強烈な紫外線を皮膚に受けないように日除け用の帽子やサングラスを着用するといいでしょう。

シミやくすみが、フォトフェイシャルの治療後に濃くなったように感じることもあります。フォトフェイシャル後にシミが濃くなるのは、治療によって肌が活性化したことで起きるものです。

しばらくそのままにしておけば、自然に治癒します。顔がほてったり、若干赤くなったりする事もありますがその際は冷たいタオルを肌に当てて熱を取ることで、すぐに治ります。

また、治療を施した部分がかさぶたにになることがありますが、これはフォトフェイシャルの効果がしっかり出ているためともいえます。

かさぶたができたら、へたに触らないように気をつけましょう。お肌への違いは、フォトフェイシャルを行うと様々な形で表出することがあります。

多くの場合、時間の経過と共に徐々に元の状態に戻りますので、フォトフェイシャルをした後は皮膚を無闇にいじらずに放置しておくといいでしょう。

 

サイトマップ