コラーゲンとヒアルロン酸とは

しっとりとした潤いのある肌に

ヒアルロン酸やコラーゲンは、お肌によく、健康づくりにも役に立つ成分だと言われています。保湿力があるというヒアルロン酸や、コラーゲンは、関節痛の解消にいいため、同時に使う人もいるようです。

似たような成分と思われがちですが、コラーゲンとヒアルロン酸はそれぞれ別の成分です。アミノ酸の一種であるコラーゲンは、細胞と細胞の間を埋める保湿成分です。保湿力があり、お肌のみずみずしさを保ちます。

たんぱく質は人体の主要な構成要素ですが、コラーゲンはそのうち30%です。体の各所に存在するヒアルロン酸は、グループ分けとしては糖類になります。

ヒアルロン酸は非常に保水力が高く、1gのヒアルロン酸で6リットルの水を保持しておくことができます。肌の問題が起きるのは、ヒアルロン酸が肌から失われた時だと言われています。

お肌を拡大すると、網の目のようにコラーゲンが存在していて、網目と網目の間にヒアルロン酸があるといいます。つまり、このような状態になっていることで、水分が逃げ難くなっているのです。

コラーゲンとヒアルロン酸の働きによって、しっとりとした潤いのある肌になり、弾力を保つ事ができるのです。関節の軟骨成分としても、コラーゲンとヒアルロン酸は存在しているといいます。

関節の曲げ伸ばしに痛みが生じる関節痛は、コラーゲンやヒアルロン酸不足で、軟骨がすり減るために起きます。関節痛にもコラーゲンとヒアルロン酸が勧められるのは、この為です。

 

サイトマップ